/

この記事は会員限定です

実習生ら外国人材の待遇改善 九州企業、流出に危機感

[有料会員限定]

九州企業が技能実習生ら外国人材の確保へ待遇改善に動いている。新型コロナウイルスの水際対策で事実上入国が止まったことで不足感が強まり、関東など大都市圏の企業との取り合いになっているためだ。6月から1日当たりの入国者数の上限が2万人に引き上げられたが、企業からは上限緩和の加速を求める声もあがる。

「何を切りますか?」「野菜を切る!」。技能実習生の監理団体、福岡情報ビジネス(福岡市)の教育センター(福...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1616文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン