/

福岡市役所北別館跡、オフィスビル建設へ 福岡地所など

福岡市は中央区天神の市役所北別館跡地の再開発で、福岡地所を代表とするグループに優先交渉権を与えたと発表した。災害対応や創業支援機能を備えた地上19階建てのオフィスビルを建設し、2025年11月の開業を目指す。事業期間は60年間。

福岡市の北別館跡地再開発の完成イメージ

グループには九州電力九電工前田建設工業など7社が参画した。計画では建物内の14フロアに計1万2000平方メートル弱のオフィスを設けるほか、地域振興や創業を支援するスペースも設ける。地下1階から地上5階の高さの吹き抜け空間を設け、新型コロナウイルス対策として最先端の自然換気システムや無人受付、震度7クラスの地震に耐えられる制震構造を取り入れる。12月ごろの事業契約の締結を目指す。

市は1月に開発を民間委託する方針を公表し、三菱地所を代表とするグループも提案していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン