/

福岡の焼肉ヌルボン、JR九州傘下で再始動

JR九州は綱屋(福岡市)から、福岡県内を中心に展開する焼肉店「焼肉ヌルボン」などの事業を買収し、運営を始めた。新型コロナウイルス下でも郊外店舗が好調な同事業を傘下に入れ、飲食事業を強化する。物販・通販や調達などでの相乗効果も狙う。

1日に開いた式典で、綱屋創業者で会長の萩原正綱氏は「元気なうちに引退したいと5、6年前から事業承継を検討していた」と明かした。その上で「さらなる成長には潤沢な財務、人材、出店立地が必要だった」と、JR九州を譲渡先に選んだ理由を説明した。

JR九州はイカ料理店の萬坊(佐賀県唐津市)を2019年に子会社化するなど、飲食分野で積極的にM&A(合併・買収)をしている。受け皿会社の「ヌルボン」社長に就いたJR九州出身の仲義雄氏は「駅近くの新業態に取り組みたい。郊外型店舗のノウハウを学び、グループの他の飲食店で生かすこともシナジー効果になる」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン