/

第一交通、ウーバーと東京でも連携 タクシー配車

タクシー大手の第一交通産業は1日、配車アプリのウーバー・ジャパン(東京・渋谷)と東京都内で連携を始めたと発表した。第一交通が都内に保有する約500台の車両のうち、80台をウーバーのアプリで呼べるようになった。

第一交通産業のタクシー車両

第一交通とウーバーは2019年に業務提携を開始し、これまで広島県内のタクシー配車で協力してきた。首都・東京でも協力し、新型コロナウイルス禍で客足が鈍る中、収益機会の拡大につなげる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン