/

この記事は会員限定です

目指せネギ産出額100億円 大分、存在感向上へ一点突破

[有料会員限定]

野菜や果樹などの園芸作物で「顔」となる品目を育てよう――。大分県は2021年度、ネギ生産事業者を支援する新規事業を始める。23年には県内でのネギ産出額を100億円と、19年の約1.8倍に引き上げる。九州は全国の農業産出額の約2割を占める食料供給基地だが、大分の存在感は大きくない。明確な目標を定めて一点突破し、巻き返しにつなげる。

「(存在感が)下がるところまで下がっている」。3月中旬の記者会見で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン