/

被災の熊本・益城町、JALと特産品開発 KALDIで販売

2016年の熊本地震で被災した熊本県益城町は、日本航空(JAL)や東海大学などと連携して地元の特産品を使った新商品を開発、全国のカルディコーヒーファームなどで10日発売する。地元で収穫されたスイカの果汁を使った葛切りや、ミニトマトのソースなど4商品を準備した。県内外で販売し、地域活性化と地震からの復興加速につなげる。

昨年夏から開発に向けた検討を始め、農産物の原料調査や学生も加わったアイデア考案を経て、試作や試食を重ねながら完成にこぎつけた。各商品それぞれ3万個程度を準備した。売れ行きがよければ来年も販売する考え。

益城町は2019年度にも町産の米を使った焼酎などを開発し、ふるさと納税の返礼品などで扱っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン