/

この記事は会員限定です

福岡県の自宅療養急増、遠隔・訪問診療など総力戦

[有料会員限定]

福岡県内で自宅療養中の新型コロナウイルス患者数が急増している。8月29日には過去最多の9127人となり、1カ月で12倍近く増加した。福岡市医師会が電話などの遠隔診療で対応しているほか、久留米市は患者宅への医師の派遣を始めた。1日当たりの新規感染者数は8月下旬から減少傾向にあるが、自治体や医療関係者は再拡大に備え、総力戦で対応を進めている。

「39度の熱が出ている」。8月中旬の午前11時ごろ、自宅療...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1237文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン