/

この記事は会員限定です

かつて100万人都市 北九州、移住・地元就職で巻き返し

データで読む地域再生 九州・沖縄編

[有料会員限定]

2020年の国勢調査(速報値)では九州・沖縄8県のうち、沖縄と福岡を除く6県で人口が減少した。福岡都市圏への人口集中が続く一方、その他の地域は流出などが進んでいる。少子高齢化などによる人口減に危機感を強める自治体は、移住促進や企業誘致を急ぐ。

データで読む地域再生

かつては100万人都市だった北九州市は、人口減少数が全国市区町村で最多となった。20年の人口は93万9622人で、15年の前回調査から2.3%、2万1664...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン