/

福岡市地下鉄、七隈線の新駅「櫛田神社前」に

福岡市は1日、地下鉄七隈線の延伸に伴い新設する駅の名称を「櫛田神社前」にすると発表した。2022年度の開業を目指している。

新駅の近くには、博多の夏の風物詩で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産にもなっている「博多祇園山笠」が奉納される「櫛田神社」がある。大型商業施設「キャナルシティ博多」も立地する。福岡市の高島宗一郎市長は「『お櫛田さん』と市民にも親しまれている」と、選定理由を説明した。櫛田神社の阿部憲之介宮司は「非常に光栄。博多の神社として市に貢献していきたい」と話した。

七隈線は天神南駅から博多駅まで、1.4キロメートルの延伸工事を進めている。新駅は両駅の間に位置する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン