/

熊本銀行と熊本大学、大学発ベンチャー創出で連携協定

ふくおかフィナンシャルグループ(FG)傘下の熊本銀行は、熊本大学と地域経済の発展や人材育成を目的とした包括連携協定を結んだ。主にふくおかFGがこれまで九州大学などとの連携で積み重ねてきたノウハウも活用しながら、大学発ベンチャーの創出や育成をめざす。

熊本銀は4月に行員1人を熊本大に出向させる計画で、大学の研究を具体的にビジネスにつなげるための事業計画や財務面の支援をする。また、熊本銀は熊本大が実施している学生向けのビジネスプロジェクトに協賛するという。熊本銀の野村俊巳頭取は「両者の連携により、地域の新たな価値創造につながる」と期待を込めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン