/

伊方3号機、10月26日再稼働 四国電力が計画

四国電力は31日、伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)について10月26日に再稼働を目指す計画を発表した。広島高裁が3月18日、運転差し止めの仮処分決定を取り消したのを受け、再稼働時期を精査していた。同時に、安全確保を前提にした原発の利用などを柱にした2050年のカーボンニュートラル(温暖化ガス排出量実質ゼロ)への挑戦も公表した。

会見した四国電力の長井社長(31日、高松市)

伊方3号機について、原子炉を10月26日に起動させて31日に送電を開始し、11月26日に営業運転を始める計画だ。再稼働の前提となるテロ対策施設「特定重大事故等対処施設」は10月末に竣工する予定だ。長井啓介社長が記者会見で「安全が最も重要。それにあわせてスケジュールも精査していく」と話した。

同日、四国電力グループの2021~25年度中期経営計画と、2050年にカーボンニュートラルをめざすことを発表した。30年度の二酸化炭素排出量を13年度比で半減させ、50年度には実質ゼロにする。原子力発電所の活用や、効率の良い石炭火力発電所への切り替えを進めていく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン