/

この記事は会員限定です

眼鏡×繊維 福井の地場産業、マスクで技コラボ

[有料会員限定]

チタンなどの金属加工を手掛ける清水工業所(福井県鯖江市)は、マスクフックと呼ばれる留め具の新商品を開発した。浴衣帯の小杉織物(同県坂井市)の絹マスクとセットで試験販売する。眼鏡部品製造のササマタ(鯖江市)もマスク新製品を同県越前市の縫製会社と開発した。福井の地場産業、眼鏡と繊維がマスクで協働する動きが出ている。

マスクフックの新製品「GLASSIA(グラシア)」は、眼鏡枠などの工業デザインを手掛け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1088文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン