/

この記事は会員限定です

金属3Dプリンター造形「見える化」 石川県が新技術

[有料会員限定]

石川県工業試験場は人工知能(AI)を活用し、金属3Dプリンターの造形中の状態を「見える化」する仕組みを開発した。金属粉末にレーザーを照射する際のカメラ画像から、造形物の内部の隙間が多いか少ないかを推定する仕組み。造形物の品質向上につながる新たな技術として、実用化を後押しする。

金属3Dプリンターは金属粉末を敷いた後、レーザーで粉末を溶融、その後で固まることで造形される。粉末が溶けない場所があったり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン