/

愛媛県、コロナ無症状者を検査 高齢者施設など対象

愛媛県の中村時広知事は29日、高齢者施設などで新型コロナウイルスの無症状者を対象とするスクリーニング検査を実施すると発表した。濃厚接触者・体調不良者以外に検査対象を拡大。早期の感染把握で迅速な対処を可能にする。施設での自主的な検査への補助制度も新設し、感染拡大防止と負担軽減につなげる。

記者会見を開く愛媛県の中村知事(29日、愛媛県庁)

スクリーニング検査は高齢者施設や障害者施設などのうち、県や松山市が指定した施設が対象となる。すでに感染が確認された施設と同じグループに属して職員や利用者の往来があったり、職員に濃厚接触者が多く出たりしている施設が想定される。職員として勤務するか、入所・訪問している無症状者を検査する。

県は重症化リスクの大きい高齢者施設などでのクラスター(感染者集団)発生を警戒している。施設が検体を採取し、県が委託した民間検査機関でPCR検査を実施。感染が判明した場合、感染拡大の防止措置を迅速にとるほか、他施設などからの応援態勢を強化する。

高齢者施設などの自主的な検査への補助制度は2月中をめどに始める。新規の入所者が発生したり、感染拡大地域を訪問した職員がいたりするケースを想定。検査対象が広がり、感染拡大防止につながるとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン