/

島津製作所、コロナの重症化を予測 熊本大と共同

島津製作所は熊本大学の研究成果を生かし、新型コロナの重症化を予測するシステムを開発した

島津製作所は29日、新型コロナウイルス感染症の重症化を予測するシステムを開発したと発表した。熊本大学の富沢一仁教授らのグループの研究成果を生かし、血液や尿に含まれるウイルス由来の成分から予測する。島津は専用システムを6月にも発売する。定価は約4500万円。主に大学病院などの大規模病院、検査受託大手向けに売り込む。

熊本大学の富沢教授らは新型コロナの感染患者の血液や尿に含まれる「修飾ヌクレオシド」と呼ばれる成分に注目。重症化する傾向が高い患者の検体に同様の成分が多く含まれており、「バイオマーカー」として機能することを発見した。

島津が得意とする「液体クロマトグラフ質量分析計」を活用。反応を阻害する成分を取り除く前処理工程にはアイスティサイエンス(和歌山市)が開発した装置を組み込み、自動化した。ヌクレオシドの成分量を約6分で検出できる。

開発に携わった島津の向紀雄ライフサイエンス事業統括部長は「先端的な技術を社会に役立てる。日本のメーカーとして技術を世界に広げていきたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン