/

この記事は会員限定です

「神戸の農村」若い移住者呼ぶ 豊かな自然、市が促進策

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で地方移住への関心が高まる中、神戸市は北区や西区などの農村部への移住者呼び込みを強化する。2021年度から、指定区域で民間事業者が賃貸住宅を建設できるよう一部規制を緩和する。同市は政令市でありながら、市域の約7割を森林や農村が占め、豊かな自然が残る。20~30歳代の若い世代に新規就農しやすい環境を用意し、人口減に歯止めをかける。

神戸市が15年度から始めた、農村部への移...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1306文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン