/

この記事は会員限定です

5G向け好調の村田製作所が狙う、次の「収穫」

[有料会員限定]

村田製作所に電子部品需要の急拡大の追い風が吹いている。同社は次世代技術の開発にいち早く着手して種をまき、実際に必要とされる段階ではライバルがマネできない製品を投入することで高い収益をあげてきた。次に収穫を狙うのは、高速通信規格「5G」で利用される超高周波数帯の「ミリ波」対応の部品だ。

29日の決算記者会見で、竹村善人取締役常務執行役員は「新型コロナウイルスの感染拡大でマイナスになると思ったが、結果として増収...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1208文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン