/

池田模範堂、ボイラー燃料をLNGに変更

燃料を重油からLNGに切り替えた(富山県上市町にある工場)

医薬品製造の池田模範堂(富山県上市町)は工場の空調設備などに使うボイラーの燃料を、重油から液化天然ガス(LNG)に切り替えた。二酸化炭素(CO2)の年間排出量を35%減らす効果を見込む。燃料費も2~3割下げられるという。消費者の環境意識が高まるなか、かゆみ止め薬「ムヒ」などを販売する同社も環境配慮への姿勢を明確にする。

同社ではボイラーの熱を空調設備のほか、クリームタイプのムヒなどの製造工程で活用している。熱を加えないとうまく溶けない原料があるためだ。寒波の到来による電力需要の増加で燃料となるLNGは不足したものの、同社の担当者は「当社分は安定して調達できる見通し」と話す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン