/

この記事は会員限定です

地域交通の生き残り、実態の直視から 広島で議論 

[有料会員限定]

コロナ禍で利用者減に直面する地域公共交通の生き残り策を探ろうと、全国の交通関係学者や自治体、事業者で構成する日本モビリティ・マネジメント会議(JCOMM)が昨年12月下旬、広島市内で2日間にわたりセミナーを開いた。各地からの報告を通じて、地域の実態を直視し何が求められているかを見極めてサービスにつなげていくことが、公共交通が生き残っていく上で欠かせないという点が改めて浮き彫りとなった。

地元の広島...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り771文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン