/

泉井鉄工所が新工場 巻き上げ機械拡充

マグロはえ縄用巻き上げ機械など漁業関連機械製造の泉井(いずい)鉄工所(高知県室戸市)は、同県香南市の「香南工業団地」に3カ所目となる工場を建設し、このほど操業を始めた。設備投資額は約5億円。巻き上げ機械の需要が漁業以外に広がっており、新工場で生産能力を拡充する。

28日、日本政策金融公庫高知支店と高知銀行が地域活性化に寄与するとして、同社に対して設備投資資金を協調融資した。新工場は平屋建てで敷地面積1500平方メートル、延べ床面積1850平方メートル。工場内に工作機械を置き、組み立て工程を担う。操業にあたり社員2人を雇用した。漁業のほか、貨物や港湾工事の巻き上げ機械を作る。

既存の2工場は室戸市と香南工業団地にある。団地は高台にあり南海トラフ地震が発生した際、津波浸水を防ぐ。泉井鉄工所は新工場を事業継続計画(BCP)の観点から団地に立地した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン