/

この記事は会員限定です

両備グループ代表「公共交通変革の元年に」 官民協力を

2021 地域再生への道①

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大の第3波とともに迎えた2021年。様々な分野でこれまでの手法の見直しや新しい生活様式への対応を急速に迫られている。こうした社会経済環境の下で、中国地方は逆境を乗り越えて地域再生への突破口を見いだすことができるのか、各県のキーマン5氏に聞く。1回目は岡山県を中心に路線バスや鉄道、不動産開発などを手掛ける両備グループ(岡山市)の小嶋光信代表に、地方公共交通の安定的な維持に向け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1613文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン