/

この記事は会員限定です

北陸の電力自由化に冷や水、新電力が苦境に

[有料会員限定]

液化天然ガス(LNG)不足と寒波が北陸で事業を展開する新電力を揺さぶっている。卸電力取引所から調達する電力の高騰を理由に、戦略を修正する企業が出てきた。北陸電力は電力大手10社の中でも最低水準の料金で、もともと北陸では他社の参入が盛んではなかった。新電力の退潮が鮮明になれば、電力小売り自由化の恩恵が遠のく。

「寒波や燃料不足を受けた卸電力価格の急騰により、新電力事業を取り巻く環境が不透明になった」。歯科用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1354文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン