/

立命館大、カリフォルニア大とオンライン留学プログラム

立命館大は海外大学とオンライン留学プログラムを開発した (写真は大阪いばらきキャンパス)

立命館大学は提携校の米カリフォルニア大学デービス校(UCD)とオンライン留学プログラムを開発した。2月5日から約1カ月、立命大の80人の学生がUCDの2つの授業に参加する。同様の取り組みは他の提携校にも広めていく考えだ。

学生は日本にいながら平日の午前中に英語研修とSDGs(持続可能な開発目標)に関する授業を受ける。プログラムは午前中のみで、午後は通常の学生生活を送る。週に1度、UCDの学生団体との交流企画なども用意した。参加学生の負担は約15万円で、奨学金を活用した金銭面の支援も行う。

立命大は新型コロナウイルス感染拡大の影響で2020年度春・夏出発の留学プログラムを全⾯的に中⽌している。オンラインプログラムは留学の再開やコロナ収束後を見据えた上で開発。海外渡航が難しい状況下で、部分的に海外留学を体験できるようにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン