/

金星製紙のマスクに高知県地場産業大賞

高知県の外郭団体、高知県産業振興センターは27日、優秀な地場産品やサービスを表彰する2020年度高知県地場産業大賞を発表した。35回目となる今回は不織布製造の金星製紙(高知市)のマスク用品を選んだ。新型コロナウイルスの感染拡大でマスク需要が拡大する中、使い勝手の良さを追求した技術が評価された。

「さらふあマスク」と「さらふあマスク用とりかえシート」

マスクは「さらふあマスク」といい、2020年9月発売。独自開発の不織布は摩擦によるけば立ちが発生しにくく、なめらかな風合いが特徴。女性を中心にマスク装着による口周辺の肌荒れに困っている人向けにヒット商品となっている。

コロナが全国で広がり始めマスクが品薄になる中、同年2月に発売した「さらふあマスク用とりかえシート」も大賞に選ばれた。このシートはマスクと口の間にはさむ取り換え可能な商品でマスクの寿命を延ばすのが売り。20年末までに1個50枚入りで250万個を全国で発売した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン