/

この記事は会員限定です

マツダ、ラージ車・ロータリー搭載EVに託す起死回生

[有料会員限定]

マツダが販売で苦しんでいる。新型車や新エンジン投入が不発に終わったところに新型コロナウイルス禍に見舞われ、今期(2021年3月期)の世界販売は前期比8%減の130万台、最終損益は900億円の赤字を見込む。起死回生へ期待を背負うのが、22年から投入する高性能の新車「ラージ商品」。新型車の開発状況から今後の経営の行方を探った。

◆「もう失敗できない」マツダのラージ 規制達成の重責

6気筒の大排気量エンジンを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3611文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン