/

奇縁が堺にミュシャ招く

時を刻む

ミュシャの「サロン・デ・サン:ミュシャ作品展」(1897年) 堺アルフォンス・ミュシャ館(堺市)蔵 ミュシャが自身の個展用に描いたポスター。髪の太い輪郭線などは浮世絵の影響との見方も

優美な曲線で描かれた、うっとりとした表情の女性の絵が並ぶ。堺市にあるアルフォンス・ミュシャの美術館には、癒やしを求めて訪れる人が多い。チェコの国民的芸術家だったミュシャの作品は、あわやすれ違いという場面を重ねながら、堺にやってきた。

ミュシャは19世紀末に花開いた美術様式、アール・ヌーボーを代表する画家で、壮大な歴史画の連作「スラヴ叙事詩」でも知られる。堺市は約500点を所蔵、2000年に開館した市立の堺アルフォンス・ミュシャ館で展示している。

円などの曲線を背景に、ゆったりとした表情、ポーズの女性を描いた作品が目立ち、若い女性を中心に「癒やされる」と感じる来館者が多い。ミュシャ館の高原茉莉奈・学芸員は「見る人のことを考えて描いている」と言う。美術教師も務めたミュシャは「曲線は目の筋肉が動いて心地よいリズムが生まれる」と教えた。「絵の人物がゆったりしていないと、見る人もリラックスできない」とも。

その影響は早くから堺に及び、堺市出身の与謝野晶子が活躍した文学美術雑誌「明星」に表れた。女性が「小生の詩」と書かれた紙を掲げる1901年の挿絵は、1897年のミュシャ作品とそっくりだ。小生とは晶子の夫、与謝野鉄幹のこと。与謝野晶子記念館の森下明穂・学芸員は「鉄幹は明星で最先端の芸術を目指しており、当時最新の美術を採り入れたのだろう」と話す。

文学美術雑誌「明星」の挿絵(1901年) 作者不明 個人蔵 この挿絵の後に与謝野鉄幹の詩が掲載されている

ミュシャ作品を収集していたのが、カメラ量販店「カメラのドイ」創業者の土居君雄氏だ。1980年代から百貨店の美術館などを巡回してミュシャ展を開き、来場者は延べ116万人を超えた。長野県に専門美術館を建設する計画もあり、実現していれば堺に作品は来なかった。ところが土居氏は90年に急逝する。

ミュシャの子息のジリ・ミュシャ氏(左)と土居君雄氏 (1982年のミュシャ展で) 2人は年齢が近く、親交を深めていた

一方の堺市でキーマンとなったのが、92年に大阪府から出向し、同市の文化振興室長になった松本薫氏(現日本書芸院事務所長)だ。ある日、当時の幡谷豪男市長に呼ばれ、「関西国際空港の開港記念に、堺市博物館で何かイベントを催してほしい」と命じられる。

松本氏が思い浮かべたのはオランダの画家、レンブラントの作品を中心にした展覧会だった。そこで当時オランダに事務所をもっていた大阪府の商工部を訪ねる。レンブラント案が実現すれば、やはりミュシャとの縁は切れていた。

ここでまた、運命のひとひねり。商工部で顔見知りの職員につかまり、事情を話すと「それより、多くのミュシャ作品を持っている人を紹介しよう」と言われた。土居君雄氏の長女、土居いづみ氏だった。翌日、自宅を訪ね、玄関のミュシャ作品を見て「明星の挿絵に似てますね」と言うと、いづみ氏は「よく知っていますね」と驚いたという。実は松本氏、ミュシャ作品とは知らず、明星が土居家との接点になった。

その後、君雄氏の妻が新婚時代に堺市の浜寺公園の近くに住んでいたと聞くと、周辺を案内する。君雄氏の妻、長女から信頼を得て関空開港の94年にミュシャ展を開くことができ、複数の自治体が寄贈を希望するなか、同年に作品が堺市に寄贈された。

君雄氏の孫で、株式会社ドイ文化事業室の社長・学芸員の土居なおみ氏は「堺市は当時、政令指定都市を目指し、美術館をもつことに熱心だった。祖母の新婚時代の思い出も大きかったと思う」と振り返る。

ミュシャは母国、チェコと堺の結びつきも強めた。作品の寄贈をきっかけに交流が深まり、2019年に堺市にチェコ共和国名誉領事館ができる。名誉領事に就任した葛村和正・堺商工会議所会頭は「チェコは堺と同様、製造業が盛んでハイテクも強い」と話す。行方が揺れ動いたミュシャ作品。堺市は今後、文化、経済両面での交流にどれだけ生かせるだろうか。(塩田宏之)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン