/

この記事は会員限定です

「宮島訪問税」議論大詰め 広島県廿日市市長に聞く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で宮島(広島県廿日市市)を訪れる観光客が急減している。2020年の来島者数は220万人と、前の年と比べ53%減となった。事業者の支援や観光客を対象にした「宮島訪問税」の導入に向けた準備など、廿日市市が取り組むべき施策は山積している。松本太郎市長に市政のかじ取りを聞いた。

――観光需要が落ち込んでいます。現状をどうみていますか。

「厳島神社の大鳥居が約70年ぶりの大規模修繕工...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1239文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン