/

この記事は会員限定です

価値生み出す実践派育成 滋賀大学データサイエンス学部

UPDATE知の現場

[有料会員限定]

滋賀大学に日本初のデータサイエンス学部が誕生して4年、1期生の94人が今春卒業した。進路は情報通信や製造業などへの就職が69人、併設する大学院進学が21人、そして起業が1人。データから価値を創造する実践的な教育は実現できたのか。

「2~3カ月先の倉庫がどれだけ埋まっているか、占有率を予測するモデルをつくってほしい」。データ活用のコンサルティングを手掛けるmitei(ミテイ、滋賀県彦根市)の代表社員...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン