/

島津製作所、下水からコロナ感染定期調査 病院向けなど

島津製作所はコロナの感染をモニタリングするサービスを4月末にも提供する

島津製作所は26日、病院や高齢者施設などで施設内の下水から新型コロナウイルス存在を定期的に監視調査するサービスを4月末にも提供すると発表した。下水に含まれる新型コロナを検出した場合、感染者を特定するPCR検査を実施する仕組み。無症状感染者がいる集団でも感染の有無を特定でき、クラスター発生の抑制につながる可能性がある。

サービスは子会社で分析受託を担う島津テクノリサーチが担う。施設のトイレ排水を対象にふん便に含まれるウイルスを週1回以上の頻度で調査する。ふん便には発症前後でウイルスが含まれ、下水からは1万人に1人が陽性患者としても陽性反応を得られるという。病院、高齢者施設、ホテルなどでの利用を見込む。

京都大学の田中宏明教授や金沢大学の本多了准教授らの協力を得て一連の仕組みを実現した。下水からウイルスを確認した場合に個別のPCR検査を実施するため、闇雲にPCR検査するのに比べて効率がよい。

まずは病院など陽性患者がいる施設で最大1カ月程度の実証実験を実施する。すでに京都府内の2施設で実証実験を始めている。良好な実験結果を得られれば4月末からサービスの提供を開始する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン