/

この記事は会員限定です

耐える京都の旅館 訪日客や修学旅行激減、休業も多く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で京都市の旅館業界が苦境に立たされている。インバウンド(訪日外国人)や修学旅行生の激減が経営を直撃し、休業も相次ぐ。各施設は従業員の雇用やモチベーション維持に懸命だ。京都府を含めた関西3府県では2月末で緊急事態宣言が解除され、需要回復を見据えた動きも出る。

京都市の八坂神社近くの旅館、ギオン福住。2020年度の営業日数は合計でも100日程度にとどまりそうだ。昨年は1回目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1246文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン