/

コロナ回復者のiPS細胞を無償提供、京大の研究財団など

京都大学iPS細胞研究財団など国内4機関は25日、新型コロナウイルスに感染し回復した人の血液からiPS細胞を作製して国内外の研究機関に無償提供すると発表した。同日、研究機関からの申し込みの受け付けを始めた。新型コロナ感染症の発症や重症化のメカニズムの解明につなげたい考えだ。

同財団のほか京大iPS細胞研究所、京大医学部付属病院、りんくう総合医療センターが2020年4月に共同でプロジェクトチームをたちあげ、6月から9月にかけて新型コロナウイルスに感染した後に回復した計12人から血液を採取。そのうち6人の血液を使ってiPS細胞を作製した。

iPS細胞研究財団の理事長などを務める京都大学・山中伸弥教授は「より多くの研究者に利用いただき、 新型コロナウイルス感染症の収束に少しでも貢献できれば」とのコメントを出した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン