/

この記事は会員限定です

京セラ、車載部品の熱制御素子を医療に転用

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

京セラは車載部品を医療分野などに転用する。シートヒーターやバッテリーを温めるための熱制御部品を熱中症対策のネッククーラーや、PCR検査装置用に改良する。同社の熱制御部品は長寿命で温度を急速に上げたり下げたりできる。車載分野で培った技術力で他分野に活用先を広げる。

転用するのは「ペルチェ素子」とよばれる熱制御モジュール。半導体素子に電流を流すことで基板の片面が熱を放出し、反対面が吸熱する。この特性を使って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り858文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン