/

アルビス、富山県射水市と連携協定、食品ロス対策など

食品スーパーのアルビスと富山県射水市は25日、防災や食品ロス対策などを柱とする包括連携協定を結んだ。アルビスが災害発生時に救援物資を供給するほか、不要になった食品を持ち寄ってもらい生活困窮者などに提供する「フードドライブ」を大島店(射水市)で4月に実施する。

アルビスは本社を射水市に置いている。2020年9月にも同様の協定を富山県と結んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン