/

サカイオーベックス、MBO不成立

染色加工のサカイオーベックスは25日、MBO(経営陣が参加する買収)が不成立となったと発表した。松木伸太郎社長が設立した企業が2月9日から3月24日までTOB(株式公開買い付け)を実施していたが、応募株式数は393万9239株と、買い付け予定数の下限としていた412万7800株に達しなかった。

同社の株式保有数上位のニッポン・アクティブ・バリュー・ファンド(NAVF)や東レは買い付けに応じると発表していた。ただMBO発表後にサカイオーベの株価は上昇、当初1株当たり2850円としていた買い付け価格を3000円に変更した。その後も3000円前後の株価で推移していた。

サカイオーベックスの担当者は「MBOが成立しなかったことは残念だが、従来と同じくグループ全体の企業価値向上を目指す」とコメント。MBOの成立を条件にゼロとしていた2021年3月期の期末配当を50円(年間配当も50円)に修正した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン