/

ICSパートナーズ、山口市にソフト開発拠点

会計システムのICSパートナーズ(東京・千代田)と子会社のICSPidea(山口市)は25日、山口市と進出協定を結んだ。2020年10月に設立したICSPideaが山口市内の土地を取得して本社建物を新築し、ソフトウエアの開発拠点にする。7月に着工し、22年1月に操業を始める予定。

土地の敷地面積は2656平方メートル、建築床面積は612平方メートルで、設備投資額は約1億6400万円。22年10月までにプログラマー中心に約30人の従業員を新規採用する計画だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン