/

この記事は会員限定です

岡山県真庭市、阪急阪神百貨店とブランド戦略 

[有料会員限定]

岡山県真庭市は阪急阪神百貨店(大阪市)と連携し、蒜山(ひるぜん)高原の環境保全を前面に押し出したブランド戦略に乗り出す。市内の木材を使って東京・晴海(中央区)に建設されたCLT(直交集成材)パビリオンが蒜山高原に移築され、今夏オープンするのを契機に始動。地球環境にやさしい商品をブランドに認定するなどして、地元の木の文化の発信や滞在型観光推進の旗印にする。

ブランドのキーワードは「GREENable...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1080文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン