/

この記事は会員限定です

北陸電力、社長に営業畑の松田氏 競争激化で白羽の矢

[有料会員限定]

北陸電力は24日、松田光司取締役常務執行役員(58)を次期社長に内定したと発表した。金井豊社長(66)は代表権のある会長に就く。6月の株主総会後に開く取締役会を経て正式決定する。電力小売りの全面自由化でエネルギー企業間の競争が激しさを増すなか、営業畑出身の松田氏のもとで顧客の開拓を進める。

「経営環境は著しく変化に富んでいるが、しっかり対応していきたい」。1985年の入社以来、営業畑を中心に歩んできた松田...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り801文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン