/

愛媛県内、宿泊キャンセル2.5万人 Go To停止期間

記者会見する中村・愛媛知事(24日、県庁)

愛媛県の中村時広知事は24日、国の観光需要喚起策「Go To トラベル」が全国一斉停止する28日~1月11日の期間、愛媛県内の宿泊予約延べ2万5000人以上が21日までにキャンセルされたと発表した。道後温泉旅館協同組合(松山市)に加盟する約30のホテルや旅館だけで延べ1万7500人程度を占める。

中村知事は24日の記者会見で「宿泊事業のほか、周辺の飲食業や土産物店、納入する食料品店やクリーニング業界にも大きな影響が出ている。打撃は大きい」と指摘。県民の県内宿泊旅行代金を割り引く独自キャンペーンは継続していることから、中村知事は「観光業界を支えることも含めて活用してもらえたら」と呼びかけた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン