/

富山の県民宿泊割、8万人超が応募 倍率は4倍に

富山県の新田八朗知事は24日、同日開かれた定例記者会見で県民向けの宿泊割引キャンペーンに約8万1700人の応募があったと明らかにした。定員の2万人が抽選で選ばれ、倍率は4.1倍だった。県は新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込む県内の観光需要を補いたい考えだ。

新田知事は8万人超の応募があったと明らかにした(富山県庁)

キャンペーンでは3月31日宿泊分まで、県内宿泊施設に滞在する際の料金を補助する。同様のキャンペーンは2020年6~9月の実施に続いて2回目。今回は新たに1万円以下の宿泊プランも割引対象にすることで、より多くの施設が対象になるようにした。

例えば1人あたり6000円以上のプランの場合、3000円の割引を得られる。新田知事は県内の宿泊事業者から「前回は効果があった。(今回も)大変期待している」との声があったとしている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン