/

シスメックス、コロナ重症化予測で試薬販売 1月から

シスメックスは23日、新型コロナウイルス患者の重症化を予測する検査試薬の薬事承認を取得したと発表した。国立国際医療研究センターとの共同研究を通じ、重症化リスクの判定に有用な物質を特定した。自社の免疫測定装置「ヒスクル」を活用し最短17分で結果が分かる。医療機関などに2021年1月から発売する。

検査キットではコロナ患者の血液に含まれるたんぱく質のサイトカインの一種「インターフェロンラムダ3」を調べる。同物質は重症化の症状が出る数日前に血液中の濃度が上昇することが確認されおり、臨床有用性が報告されていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン