/

この記事は会員限定です

徳島規制改革会議「行政の電子化、1年前倒しを」

[有料会員限定]

徳島県内の産学官の有識者が行政の規制改革を議論する「徳島県規制改革会議」(座長=床桜英二徳島文理大学教授)は23日、行政手続きの電子化推進などを柱とした提言をまとめ、飯泉嘉門知事に手渡した。コロナ禍での新生活様式に対応するため、申請・届出、決裁といった手続きの完全電子化移行の目標を1年前倒しして2021年度中の実現を求めた。

提言では、行政手続きの簡素化の観点から押印廃止を21年度中に実現する必要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り324文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン