/

産学官金で北陸3県のDX推進 地場産業を活性化

産業の創出や高度化を支援する北陸産業活性化センター(金沢市)は、大学や自治体、金融機関などと連携し、北陸3県のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進すると発表した。製造業や伝統工芸、農業などの地場産業と連携して、業務のデジタル化や専門人材の育成を進める。

産学融合の研究開発や事業創出を支援する経済産業省の補助プログラムに採択された。同センターが代表幹事機関となり、3県のほか、北陸先端科学技術大学院大学や北国銀行、北陸経済連合会など計18の機関が連携する。経済団体などが企業や事業者のニーズを吸い上げ、大学の専門家のノウハウを生かしながらデジタル化に取り組む。その際に金融機関は資金調達などを支援する。

工作機械の稼働状況の見える化や伝統工芸のデザインデータの蓄積などに取り組み、北陸の地場産業の効率化や付加価値の創出につなげる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン