/

この記事は会員限定です

神戸・新長田再開発で検証報告 意思決定などに教訓

[有料会員限定]

阪神大震災からの復興のためJR新長田駅南地区(神戸市)で進められた再開発事業について、神戸市は23日、事業の成果や課題を検証した有識者会議の報告書を公表した。同事業は2023年度の完了時点で収支が326億円の赤字になる見通し。報告書は商業地のにぎわいに課題が残ると指摘し、行政の意思決定や情報共有、リスク管理のあり方などを教訓として挙げた。

同事業は1995年1月の阪神大震災で大きな被害を受けた新長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り530文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン