/

東洋紡、岩国事業所でマスク素材生産

東洋紡は23日、岩国市と新工場建設の協定を結んだ。同社岩国事業所内にポリプロピレン製の不織布を生産する新工場を建設する。建物面積は1607平方メートルで、4月に着工し、2022年7月に稼働する予定。稼働に向けて新たに8人を雇用する。設備投資額は約16億円。新工場ではマスク素材やフィルター、医療防護衣素材用の不織布を年間最大1200トン生産する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン