/

この記事は会員限定です

「繊維などの集積をDXに活用」日本ユニシス平岡社長

新しい北陸

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、企業の経営環境や働き方が変化している。接触を避けるためデジタル技術の活用も広がる。ソフト開発などの日本ユニシスの平岡昭良社長は石川県出身。北陸企業に求められるDX(デジタルトランスフォーメーション)などを聞いた。

――デジタル技術で組織や事業を変革するDXの状況をどう見ていますか。

「北陸ではデジタル化を敬遠する企業もあった。2015年に北陸新幹線が開業し、観光面でスマート...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1135文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン