/

京都マルイ後継施設、4月下旬開業 住友不動産

京都マルイの後継商業施設「京都河原町ガーデン」は4月下旬に開業する

住友不動産は23日、大型商業施設「京都河原町ガーデン」(京都市)を4月下旬に開業すると発表した。2020年5月に閉店した京都マルイの後継施設で、ビルは地下1階地上8階建てで、地下1階から地上6階まで家電量販店のエディオンが入る。サッカーJ2の京都サンガと連携したイベントを開催するなど地域密着の運営を目指す。

総売り場面積は約1万3500平方メートルで、核テナントとなるエディオンのほか、紳士服のオンリー(京都市)が1階の一角に出店する。建物の外装は反物の縦糸と横糸が交わるイメージをデザインした。住友不動産は「ポストコロナに向けて地域のにぎわいに貢献できるような運営をしていきたい」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン