/

この記事は会員限定です

「来ることが明らかな未来に備えを」慶大・安宅教授

新しい北陸

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大、デジタル化、温暖化ガス排出量実質ゼロ――。北陸3県の企業や行政は様々な課題に直面している。どう対応すべきか、3県にゆかりのある経済人や有識者に提言してもらう。1回目は慶応義塾大学教授やヤフーのCSO(最高戦略責任者)を務める安宅和人氏に聞いた。

――新型コロナのような感染症は今後も発生すると予想されます。都市づくりはどう進めるべきですか。

「感染症のパンデミック(世界...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1257文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン