/

立命館大、「サイバーキャンパス」で学生間の交流促進

立命館大学は23日、新型コロナウイルス禍の学生交流の場をオンライン上に設けた。「サイバーキャンパス」と銘打ち、課外活動の勧誘や就職活動の情報共有などを活発化させる狙いだ。当面は主に課外活動の情報発信の機会として運用、4月からは新入生のキャンパスライフをオンラインでも充実させていく。

立命館大学は23日、オンライン上の「サイバーキャンパス」を始めた。当面は課外活動の勧誘などの場として学生の交流を活発化させる

サイバーキャンパスは大学と学生が協力して運営する。オンライン上にいくつかの「島」を表示。「キャンパス島」や「サークル島」をクリックすると、キャンパスの様子や各部活動の取り組みが紹介される。文字だけではなく参加する人のアイコンを表示するなど身近に感じられる工夫をした。Zoom機能を設けて、学生同士が顔をあわせて交流することも可能だ。

同大の仲谷善雄学長は「コロナで学生たちのつながりの場が失われたと痛感した」と話す。実際にコロナ禍では課外活動への参加や友人との交流などに悩む学生の声が多かったという。人が交流する場の機能を、オンライン上でも補完していく。今後は就職活動や留学生との交流など、必要に応じて機能を拡張していく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン