/

この記事は会員限定です

奈良県、宿泊療養施設を140室分追加 コロナ対応

[有料会員限定]

奈良県は22日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、無症状者や軽症者を受け入れる宿泊療養者施設を新たに約140室分確保することを明らかにした。奈良市内のホテル(約90室)と大和郡山市内のホテル(約50室)をそれぞれ1棟まるごと借り受け、30日から運用を始める。

県は現在、奈良市内のビジネスホテル(全108室)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン