/

京都の観光・宿泊施設の誘客支援、グーグルマップ活用 

グーグルマップを活用して京都の観光を支援する

小売店舗向けに販売促進支援サービスを展開するフェズ(東京・千代田)は、京都府内の観光施設や宿泊施設、飲食店を対象に、スマートフォンの地図アプリ「グーグルマップ」を活用した誘客支援事業を始めた。マップ上への情報登録を代行したり、活用セミナーを開催したりする。

グーグルマップに営業時間や商品を掲載するには、事業者はグーグルのマイビジネスというサービスに登録する必要がある。フェズは無料で登録を代行し、運用マニュアルを提供する。約2000店舗の登録を目指す。事業は京都府の補助事業で、新型コロナウイルス禍が収束した後のインバウンド(訪日外国人)の回復も視野に入れる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン